スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被リンクだけでなくタイトルの付け方も

2016.02.22.Mon.23:00
上位表示にはタイトルも大事だと言われています。1ヶ月前までは上位表示されていたのですが、最近はどんどん順位が下がっていっています。記事も定期的に追加や更新もしているのですが、また上位表示にする良い方法はないでしょうか?
タイトルでどれだけ引き付けられるかでもアクセス数がかなり変わってきます。被リンクを増やして上位表示されることも大事ですが、タイトルの付け方も見落としてはいけません。
タイトルも同様になるべくはじめの方にキーワードを含んだ内容で配置するといいですね。長い間かけて育ててきたサイトがパーになります。
そんな簡単に上位に返り咲いたり、上位を維持できるほど甘い世界ではありません。被リンクさえつけていれば大丈夫だろうみたいなそんなおいしい話があったのは、数年前までの話です。
企業が独自でSEO対策をすると思っている効果がなかなか得られないことがあるのです。関連性の高い・内容の濃いブログ記事から被リンクをもらうことが悪いはずがないと考えます。
検索エンジンのランキング順位は常に変動していますし、いくら被リンクを付けても、上位表示がそのままできているわけではありません。
Googleも日々改善されているのと同様に、自分のサイトも日々更新してボリュームアップしていかなければなりません。しかもその改善内容は非公開です。
Googleも質の高さがあれば結構上位まで新規ドメインのサイトでも上げられます。それくらい大事な要素です。被リンクはタイトルをアンカーとして付ける場合が多いですね。
被リンクは関連性のあるところからもらうほうがいい結果につながっているということ。訪問してくれたアクセス者がすぐにそのページから離れていってしまうのはもったいないですね。
スポンサーサイト

被リンクと合わせて内部リンクへの注目

2014.09.03.Wed.08:33
内部リンクを増やすことはSEOの効果がさらに高まることにもつながります。最近になって被リンクへのペナルティーが強化されていることで、内部リンクへの注目が高まっています。
しかし被リンクがしっかり増えていかないと上位表示も実現しないことも確かです。そこで私が注目しているのが、1回払いの被リンクサービスです。自分の代わりにリンクをつけてくれるのです。
一気に付けるのはペナルティーの対象になるっていう人もいます。一般的にGoogleは古いページのほうが上位表示されやすい傾向にあります。ブログからの被リンクを安価で提供するサービスです。
ちゃんとした情報にはちゃんと反応してくれるのがグーグルのはずです。できれば格安で上位表示してくれる業者があるといいですよね。こうやって考えると被リンクも内部対策も終わりがなさそうです。
今日本で使われている検索エンジンは主にYahoo!JAPANとGoogleでしょう。被リンクに対してはずっと研究です。内部リンクに対してはずっと更新ですね。SEO対策の被リンクには「内部リンク」と「外部リンク」があり、なかでも外部リンク、つまり被リンクが重要となっているのです。被リンクの力を最大限に発揮させるためには充実したコンテンツと関連性と思います。

被リンクへの検索エンジンの対応

2014.05.21.Wed.16:10
検索エンジンは程度の低い被リンクにはとっくに対応してきているように思います。
適当な被リンクの付け方で検索エンジンには評価されなくなっています。
上位表示を専門にしているSEOサービスを行っているところがあります。
被リンクをお願いするときにはサービス料金と効果のバランスが大切です。
1ヶ月で数百といった付け方は非常に危険です。
もちろんやり方次第では大きな効果があると思いますが。
少数のリンクでも、しっかりと内容のある記事からもらえば効果があります。
現在被リンクをつけている途中なのでトップ5には上がってくれないかなー。
いろんな被リンクのサービス業者がいますので吟味が必要です。
もう1つ私的に重要視しているのが料金です。
やはり継続的に続けられる設定でないと意味がありません。
毎月課金や成功報酬は仮に上位に行っても、
それを維持するためにずっとお金を払い続けなければなりません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。