スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1回払いの被リンク

2016.10.16.Sun.22:22
最近の被リンクの付け方って難しいですね。気がするだけですが。被リンクのお申込が多いことは大変嬉しいことなんですが、お客様の期待を裏切っちゃいけないというプレッシャーも大きくなります。でも被リンクサービスを一時休止したら「やって欲しいんですが」というお声がちらほらと出ているのも確か。やはり続けることも大事なようです。

ページ内の他の記事へのリンクは、テキストにページのURLをリンクさせています。できれば格安で上位表示してくれる業者があるといいですよね。被リンクをつけているお客様がお申込されたときにペナっている状態でした。ま被リンクサービスは1回払いの定額なので追加料金は一切ありません。

これはたくさんお金を払い続ける必要がないので安心要素の1つですね。記事タイトルで検索ユーザーにクリックしさせられるかどうかにかかっています。そういった内部要素と被リンクのダブルで上位表示は実現されるわけですね。

もちろんそのためにSEO対策するわけですよね。それならば、質のよいバックリンクが必要です。これが十分でないとどうにもなりません。では、どうすれば増やせるでしょうか?増やすのは簡単なことではありませんよ。簡単にできればSEO業者は必要なくなります。

リンクを得るのポイントはテーマの一致性を考えること。これは検索エンジンに評価されるバックリンクの大前提です。同じテーマをもったサイトからのリンクは高く評価されます。自分がオリゴ糖のサイトを持っているなら、オリゴ糖や便秘に関連したサイトからもらうこと。

検索エンジン登録1000件とか自動でリンクが増えていくなんて簡単に済ませようとに思ってはいけません。何度も言いますが、エンジンはそんなに単純でもバカでもありません。

バックリンクはナチュラルが理想です。増やし方が重要なのです。特にYahooの場合は1ヶ月に何千と増えるとかなりの確率でペナルティーをくれちゃいますよ。 1日にバックリンク1個とかそんな感じで増えていく位が丁度いい。もっと少ない遅いペースでもいいくらいです。

また、yomi系の検索エンジンに自分で登録する場合も、自然にリンクが発生したように思わせるためにアンカーテキストを分散させることも大事。全部が同じアンカーテキストで紹介するって不自然でしょ。「リンクをたくさん受けるサイト」=「人気のあるサイト」として、より上位に表示させようと検索エンジンは判断しているわけですが、たくさんの人から支持を受けているように思わせる工夫は必要。

相互リンクサイトに「一気」に登録すると、バックリンク数が不自然に増えたと見なされて検索エンジンからスパム認定される可能性も大きい。インデックス削除まではいかなくとも、検索順位を下げられるというのは多々ありますよ。

そんなことになったらせっかく上位表示したいと思って SEO対策しているのに意味ナシ。ヤフーさんは被リンクの増減にとっても厳しいエンジンでして、短期間にバックリンク増をするとTDP発動の確率がアップします。自然な増やし方を念頭においてSEO対策しましょうね。
スポンサーサイト

効果のある被リンクを自然な形で

2016.01.20.Wed.20:59
上位表示には被リンクと内部の充実の両方が不可欠といわれています。グーグルでホームページを上位表示させる方法には何があるでしょうか? 一番は被リンクをつけることですね。被リンクが外部からのリンクのこと、内部リンクは自サイト内でリンクすることです。

しっかりと目的のキーワードを含んだテキストに被リンクさせることがいいと思われます。いろいろなサイトから被リンクしてもらうことでグーグルの評価を上げましょう。一般的にグーグルは古いページのほうが上位表示されやすい傾向にあります。あと上位表示されているサイト(ページ)からのリンクも強いようです。

また被リンクについて書かれているサイトの中には、スパムによって上位表示されているサイトもありますので気をつけてください。効果のある被リンクを自然な形で期待したいのですが、それも上手くいきません。基本的には内部対策と外部対策がしっかり作りあげることですね。

そこそこのキーワードであれば上位に行くことはできると思います。検索エンジンスパムをすると、一時的には上位表示できているとしても近い将来上位表示されなくなります。全くの独断(自分で感じたこと)ですので適当な気持ちで読んでいただければと思います。

アフィリエイトで物を売るというのは、上位表示とは全く別の要素が必要となってきます。被リンクで上位表示できたからといって即売り上げ増加につながるとも限りません。そういう意味でも内部の充実は重要ですね。被リンク対策をやってみましょう。基本はテキストとマッチさせることです。被リンクが少なくても関連性があれば上位表示は可能です。

関連性の高い1記事1リンク

2014.08.20.Wed.23:32
これから業者を選ぼうと思う方にとって少しでも参考になればなによりです。しかしこの被リンク対策も決して簡単なものではありません。ここは「関連性の高い1記事1リンク」にこだわっています。
google側がページランクはランキングに関係ないという見解を示しましたよね。昔みたいに1ページにいくつも被リンクを貼りつけるようなことをやっている業者はいないようですが、最近では1ページ1リンクでもペナルティーとなっているケースも見受けられたりします。
よく分からりませんが、ワードプレスでサイト作ったらほうが良いような気もします。最近のグーグルさんは、本当に厳しくなってきているし。過去に同様のサービスを利用して飛んでいった経験者が語る。なかだるみというか被リンクの作業がはかどりませんがコツコツつけるのが一番大事。
SEO初心者の方は「ホームページ作ったらSEO対策だとか被リンクだとなります。やはり料金と被リンクの作業量が釣り合っていないとなかなか気持ちよく続けることができない。アクセスは増えたけど売り上げが増えないのにはコンテンツに原因があるかもしれません。被リンクは「いかにもつけてます」的な形だとグーグルに敬遠されそうですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。