スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1回払いの被リンク

2016.10.16.Sun.22:22
最近の被リンクの付け方って難しいですね。気がするだけですが。被リンクのお申込が多いことは大変嬉しいことなんですが、お客様の期待を裏切っちゃいけないというプレッシャーも大きくなります。でも被リンクサービスを一時休止したら「やって欲しいんですが」というお声がちらほらと出ているのも確か。やはり続けることも大事なようです。

ページ内の他の記事へのリンクは、テキストにページのURLをリンクさせています。できれば格安で上位表示してくれる業者があるといいですよね。被リンクをつけているお客様がお申込されたときにペナっている状態でした。ま被リンクサービスは1回払いの定額なので追加料金は一切ありません。

これはたくさんお金を払い続ける必要がないので安心要素の1つですね。記事タイトルで検索ユーザーにクリックしさせられるかどうかにかかっています。そういった内部要素と被リンクのダブルで上位表示は実現されるわけですね。

もちろんそのためにSEO対策するわけですよね。それならば、質のよいバックリンクが必要です。これが十分でないとどうにもなりません。では、どうすれば増やせるでしょうか?増やすのは簡単なことではありませんよ。簡単にできればSEO業者は必要なくなります。

リンクを得るのポイントはテーマの一致性を考えること。これは検索エンジンに評価されるバックリンクの大前提です。同じテーマをもったサイトからのリンクは高く評価されます。自分がオリゴ糖のサイトを持っているなら、オリゴ糖や便秘に関連したサイトからもらうこと。

検索エンジン登録1000件とか自動でリンクが増えていくなんて簡単に済ませようとに思ってはいけません。何度も言いますが、エンジンはそんなに単純でもバカでもありません。

バックリンクはナチュラルが理想です。増やし方が重要なのです。特にYahooの場合は1ヶ月に何千と増えるとかなりの確率でペナルティーをくれちゃいますよ。 1日にバックリンク1個とかそんな感じで増えていく位が丁度いい。もっと少ない遅いペースでもいいくらいです。

また、yomi系の検索エンジンに自分で登録する場合も、自然にリンクが発生したように思わせるためにアンカーテキストを分散させることも大事。全部が同じアンカーテキストで紹介するって不自然でしょ。「リンクをたくさん受けるサイト」=「人気のあるサイト」として、より上位に表示させようと検索エンジンは判断しているわけですが、たくさんの人から支持を受けているように思わせる工夫は必要。

相互リンクサイトに「一気」に登録すると、バックリンク数が不自然に増えたと見なされて検索エンジンからスパム認定される可能性も大きい。インデックス削除まではいかなくとも、検索順位を下げられるというのは多々ありますよ。

そんなことになったらせっかく上位表示したいと思って SEO対策しているのに意味ナシ。ヤフーさんは被リンクの増減にとっても厳しいエンジンでして、短期間にバックリンク増をするとTDP発動の確率がアップします。自然な増やし方を念頭においてSEO対策しましょうね。
スポンサーサイト

何も黒い被リンクも付けていないのに

2016.08.23.Tue.11:35
かなりホワイトな施策をやっているつもりでも飛んでいった経験ありませんか。
何も黒い被リンクも付けていないのになぜペナルティ受けるの?ってね。
過去に同様のサービスを利用して飛んでいった経験者が語る。
順位保証はしていませんが、あげたい気持ちは満々にあります。
特に最近は1ページのみのペラサイトというのがペナルティーを受けているようです。
今はサイトの充実(ページ数)もかなり大きく影響するようですね。
サイト内部リンクをしっかりはる。この辺が基本的な内部対策になるのかな。
内容のあるページ数がしっかりとあれば、あとは被リンクって感じです。
そのままの順位を維持してくれると嬉しいのですが。
全くの独断(自分で感じたこと)ですので、適当な気持ちで読んでいただければと思います。
この10位までに入るかどうかがアクセス数を保持するポイントとなってきます。
ページ数がしっかりあって被リンクがついたらある程度の順位上昇は期待できますね。
何でもやり過ぎがペナルティの原因となるようです。
何とか自力でネットショップを作っている人もいるでしょう。
グーグルでもう少し上位表示になればと思っています。
そのためには被リンクかなと思ってます。
先日、SEO対策の上位表示のための見積もりを出してもらったのですが、予算オーバーです。
被リンクってそんなに高いものなのでしょうか。
被リンク以外にもやっていることってあるのでしょうか。

被リンクだけでなくタイトルの付け方も

2016.02.22.Mon.23:00
上位表示にはタイトルも大事だと言われています。1ヶ月前までは上位表示されていたのですが、最近はどんどん順位が下がっていっています。記事も定期的に追加や更新もしているのですが、また上位表示にする良い方法はないでしょうか?
タイトルでどれだけ引き付けられるかでもアクセス数がかなり変わってきます。被リンクを増やして上位表示されることも大事ですが、タイトルの付け方も見落としてはいけません。
タイトルも同様になるべくはじめの方にキーワードを含んだ内容で配置するといいですね。長い間かけて育ててきたサイトがパーになります。
そんな簡単に上位に返り咲いたり、上位を維持できるほど甘い世界ではありません。被リンクさえつけていれば大丈夫だろうみたいなそんなおいしい話があったのは、数年前までの話です。
企業が独自でSEO対策をすると思っている効果がなかなか得られないことがあるのです。関連性の高い・内容の濃いブログ記事から被リンクをもらうことが悪いはずがないと考えます。
検索エンジンのランキング順位は常に変動していますし、いくら被リンクを付けても、上位表示がそのままできているわけではありません。
Googleも日々改善されているのと同様に、自分のサイトも日々更新してボリュームアップしていかなければなりません。しかもその改善内容は非公開です。
Googleも質の高さがあれば結構上位まで新規ドメインのサイトでも上げられます。それくらい大事な要素です。被リンクはタイトルをアンカーとして付ける場合が多いですね。
被リンクは関連性のあるところからもらうほうがいい結果につながっているということ。訪問してくれたアクセス者がすぐにそのページから離れていってしまうのはもったいないですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。